私の想い

My Feelings

私は青森県の最南端の田子町に生まれ、現在も在住しております。
田子町は地図で十和田湖の下に位置し、岩手県と秋田県に隣接しています。
十和田湖まで車で約30分で行ける、自然豊で奥羽山脈からの清水で潤った肥よくな大地の恵を受け、美味しい農産物が栽培されている所です。
また盆地気候なので青森県の最高、最低気温を記録する地域で夏と冬の温度差は50度以上になります。
さらに一日の昼夜の寒暖の差も大きいので、野菜・果物・花等の栽培に適し、良品の物が生産されています。
中でも青森県田子町の「にんにく」は全国的に有名な農産物で、「たっこにんにく」の名前でブランドの商号を頂いております。

田子町のにんにくで作られた
黒にんにく「田子の黒」

近年、黒にんにくは生にんにくに比べて栄養価が数倍にアップし、美容と健康のためのポリフェノールが数十倍にアップ。

また前弘前大学教授の佐々木甚一教授のマウス実験の研究発表では、ガンの抑制効果がみられる事などを知り、興味を持ち調べてるうちに「なぜニンニクの町である我が田子町では、黒にんにくが生産されていないのか?」と思いブランドのたっこにんにく(自称:超スーパー福地ホワイト六片種)を原料に、黒にんにくを作りたい思いが募り、独自に試行錯誤で失敗、研究、改良の繰り返しで出来たのが、熟成黒にんにくで、完成した時思わず口から出た言葉が、『田子の黒』でした。

私は黒にんにくに『田子の黒』と命名したのです。美容と健康のために、美味しく食べて頂ける『田子の黒』を心を込めて生産いたします。
ニンニクの里田子町からの熟成黒にんにく『田子の黒』を発送させていただきますので宜しくご愛用下さいませ。

株式会社 TAKKO商事
会長 佐藤 裕一
〒039-0201
青森県三戸郡田子町大字田子字田子4-10

Loading...