エゴマの植え付けから脱穀まで。これから美味しく健康的な「田子えごま油」にしていきます。

TAKKO商事ブログ

現在、「えごま」の脱穀までが完了しています

先日皆様のおかげでTAKKO商事の「田子えごま油」が完売いたしました!
スタッフ一同心より感謝申し上げますm(_ _)m

本日は「田子えごま油」の原材料、えごまの植え付けから収穫脱穀までを写真でお届けしたいと思います。

TAKKO商事のえごまは、栽培時に農薬を一切使用しない無農薬栽培です。少量の堆肥と、化学肥料を使用しています。

えごまは田子町で「ジュネ」と呼ばれ、串もちに塗る味噌の中に入れるなど様々な方法で調理し、親しまれている食材です。
「ジェネ」とは、食べると10年(じゅうねん)長生きできるという謂れから、「じゅうねん」をとって「ジュネ」と呼ばれています。(※実際食べたからといって、必ず10年長生きできるというものではありません。それほど健康的ということですね)

そんな、えごまをより気軽に美味しく取り入れることができるのがTAKKO商事の「田子えごま油」です!

 

エゴマの植え付けから収穫、脱穀まで

まずはエゴマの植え付け時の様子。最初はこんな感じ。

えごま 植え付け 画像

エゴマが成長するとこうなります。知らないと意外と背が高くなるのでびっくりします。えごま 画像

そして収穫。

えごま 収穫

 

収穫後は別の場所に移して、乾燥させます。

えごま 乾燥

 

乾燥が終了したら、脱穀します。

えごま 脱穀

ご覧ください。これがエゴマです!

エゴマ 実

 

いかがでしたでしょうか。これから「田子えごま油」の製造に入り

田子えごま油

田子えごま油が完成します!

販売開始時は当サイトとTAKKO商事 オンラインショップでご案内いたしますのでお楽しみに!

 

エゴマ関連ページ

TAKKO商事の農業生産部門↓

TAKKO商事ブログ えごま投稿一覧↓

〒039-0201
青森県三戸郡田子町大字田子字田子4-10

Loading...