えごま油の原料!「じゅね」こと「えごま」の植え付けが完了しました!

TAKKO商事ブログ

先日の記事で紹介した、田子町のメインイベントの一つである「田子にんにく収穫祭」。

みなさま行かれましたでしょうか?

「田子にんにく収穫祭」ではニンニクの収穫だけでなく出店もあり、一番人気のメニュー「田子豚のケバブ」は行列ができて入手できなこともしばしば。

まだ来たことのない方は是非来年の「田子にんにく収穫祭」に行ってみてください!

TAKKO商事のえごまの植え付けが始まりました。

さて、ここから本題行きます^ ^

みなさん、「じゅね」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「じゅね」とは、なんのことはない「えごま」のことなんです。

では、なぜ田子町では「じゅね」と呼ばれているのでしょう?

食べると10年長生きできるというところから来ている「じゅね」

えごまはシソ科の一年草で、生活習慣病に効果が期待されていることからジュウネンソウ(十念)とも呼ばれます。

このジュウネンがなまって田子町では(田子町というよりは青森県の南部地方)「じゅね」と呼ばれています。
じゅね(えごま)を煎って味噌と和えて餅につけて焼いた「じゅね餅」は今も根強い人気を誇っています。

2015年には、なにやらテレビで紹介されて一躍有名となった「えごま」

今では「えごま油」を聞いたことないという方は少ない方なのでは?と思うほど広まりました。

 

そんなえごまの植え付けが先日スタートし、完了しました。

ジュネ(エゴマ)畑

これから夏頃に綺麗な花が咲き、収穫は秋頃!

また成長過程などを当サイト上でアップしていければと思います。

 

TAKKO商事のえごま油

TAKKO商事では、収穫したえごまを加工し、えごま油として販売しています。

えごま油は必須脂肪酸であるα-リノレン酸を多く含んでいます。
体内に摂取することでDHAやEPAに変化し、様々な効果を期待されるオイルとして、テレビなど多くのメディアで紹介されました。

そんなえごま油を、TAKKO商事では農薬を極限まで使用せずに栽培しています。

農薬が気になる方は是非TAKKO商事のえごま油を試してみてはいかがでしょうか?

 

それではまた次回お会いしましょう٩( ᐛ )و

〒039-0201
青森県三戸郡田子町大字田子字田子4-10

Loading...